The tab browser
Museum
タブブラウザ美術館
タブブラウザ推奨委員会 一周年記念 上

「というわけで」
「トイレに、わ、毛?」
「・・晴れの日をお前の血で汚して欲しいのか?」
「い、いえ」
「というわけで、一周年だ」
「タブブラウザ推奨委員会の開設一周年ですね」
「左様。まぁ、頑張った方だろ、俺としては」
「日記が三日続いたことがないという、めるてぃさんにしては頑張りましたね」
「な、なんでそんなことを知ってやがる」
「ふ、ふ、ふ。それは秘密でぃす」
「・・まぁいい。ま、カウンタも50万近く行ったし、『タブブラウザ』での検索も
 結構上位にランクされてるし、適当に始めたサイトにしては成功というべきか」
「いや、全くめでたいですね」
「というわけで乾杯行くか」
「かんぱ〜い!」


「そこでだ。開設以来一年、ずっと名無しだったお前に名前でも付けてやろう」
「ええ! ほんとですか? うわぁ、なんだか嬉しいような恥ずかしいような」
「うむ、我ながら良い名前を思いついたのでな」
「どんな名前でしょうか、わくわく」
「『それ』は女性のチャームポイントの一つでな」
「ふむふむ」
「『それ』は常にしっとりとしている」
「ふむふむ」
「『それ』は肉のひだによって包まれている」
「ふむ・・?」
「『それ』は周囲には毛が生えていて、女性はその毛の手入れに余念がない」
「・・え?」
「『それ』は感情が高ぶるとよりじっとりと濡れる」
「ええ?」
「『それ』は時々血を流す」
「えええ?」
「『それ』は・」
「ちょっ、ちょっと待ってください。何の話ですか!?」
「ナニって、ナニの話に決まっているだろう」
「いや、ですから・・」
「ち、しょうがない。図で説明してやる」
「いや、図はますます不味いんじゃ」
「こんな感じで、・・こう」
絵
「はぁあ! やばい、やばいですよ!」
「ん? ・・あぁ、すまん。図を間違えた」
「そ、そうでしょ。そうでしょ」
「これは今人気絶頂の某タブブラウザのアイコンだった」
「それは別の意味で不味いのでは・・」
「で、改めて『それ』の図を書くとだな」
絵
「はぁあ! さっきと同じじゃないですか!」
「なんだと、今度は間違ってないぞ」
「やばいですよ、不味いですよ、もう、ぎりぎりですよ」
「ええい、訳判らんことを。もういい、お前の名前を発表する」
「待ってください! そんなこと人前で言っては・・!」
「ええい、黙れ。貴様が鈍いから、はっきり言ってやろうというのだ」


「で、お前の名前は・・」
「名前は・・」
「『ま○こ』だ」
「ぐはぁ!」
「『ま○こ』、良い名前だろう。いい響きだ。そうは思わんか?」
「聞こえない! 聞こえません!!」
「ちなみに別の言い方では『おめ○』だな」
「うう、うわぁん、うわぁ〜ん」
「そうか、泣くほど嬉しいか」
「信じてたのに、信じてたのにぃ!!」
「ぁあ? 何の話だ」
「人を殴ろうと、罵倒しようと、殺そうと、めるてぃだけは下ネタに走らないって、信じてたのにぃ!」
「下ネタだと? だから何の話だというに」
「だって、だって、『ま○こ』とか、『おめ○』とかぁ!」
「意味不明なことを喚くな。
 『まなこ』と『おめめ』のどこが下ネタだと言うんだ」
「え?」


「だから眼(まなこ)とお目めのどこが下品だと言うんだ?」 
「ま、まなこ?」
「女性の一番のチャームポイントだろうが」
「じゃぁ肉のひだってのは・・」
「まぶただな」
「え、えーっと、周りの毛ってのは」
「睫毛と眉毛だな。手入れを怠るわけにはいくまい」
「感情が高ぶると・・」
「泣くだろ」
「血は・・」
「血涙という言葉を知らんのか?」
「じゃ、じゃぁあの図は・・」
「お前が遮るから最後まで書けなかったじゃないか。で、これが完成図だな」
絵
「ぁぁ・・確かに目ですね・・」
「やれやれ、そんなに『まなこ』が嫌かねぇ」
「嫌と言う訳ではなくてですね。ただ言葉の・」
「ま、こんなこともあろうかと別の名前も考えておいた」
「(こ、ここは話を逸らすのが上策か・・!) わーい、どんな名前なんですか?」


「うむ、『それ』は茶色、または黒っぽい色でなま暖かい物体だ」
「・・え?」
「時に直方体で、時にとぐろを巻く。また黄色い粒が散見される場合も有る」
「あ、あの」
「多くの場合、柔らかな固形だが、非常に堅いことも、水のようなことも有る」
「それって・・」
「強烈な臭気を発しハエがたかっている」
「あ、あの図で書くとどうなりますか?」
「こう、・・こんな感じ」
絵
「ごぽぁ! う、う○こじゃないですか!」
「仕方がないだろ。ま○こが嫌だと言うんだ。う○こしかあるまい」
「い、嫌ぁ! それも嫌ぁ!」
「いやもう決定しちゃったし、昨日ぐらいに」
「ああ、ゆ、夢なら覚めてぇ!!」

「これは夢だ、夢に違いない!」
WebMaster めるてぃ