The tab browser
recommendation
committee
タブブラウザ推奨委員会

タブブラウザ推奨委員会 五周年記念


「めるてぃだ!」
「うんこ君です!」
「二人合わせて」
「ちょ、台本にないですよ、そんなセリフ」
「ち、アドリブがきかねぇ奴だ」
「判りましたよ。えーと、二人合わせて・・うんてぃ?」
却下だ
「ひ、ひどい・・」

「と、いうわけで、ついにタブブラウザ推奨委員会も五周年を迎えてしまったわけだが」
「今年はあのジョークはやらないんですか?」
「うん、お前があのセリフを言った瞬間に、リバーブローをたたき込んでやろうかと思ってた」
「そ、それは効きそうですね」
「ついでガゼルパンチ」
「た、体勢が崩れそうですね」
「そして頭を左右に振って8の字を描くように!」
「で、デンプシーロールですかぁ!」
ヨコハチ無限大だ! ぷぎゃー!」
「いや、そのネタ判る人はほとんどいないです。っていうか下品すぎ」
「ち、Sleipnirユーザーなら判ってくれると思ったんだが」
「○イパーだからって言いたいんですか・・。また敵を増やすようなことを」
「Firefoxを初めとするGecko系ユーザーは、扱いがひどいと怒るし、Lunascapeユーザーも、Lunaを褒め称えてないせいか、敵に回ってる感じでさ。四面楚歌って感じーみたいなー」
「愛用のunDonutは相変わらず更新してないですしね・・」
「それを言うな」

真面目な話


「まぁ真面目な話、5年も続くとは思わなかったな」
「更新をさぼったりもしてないですしね」
「そういえば、5年前のページがまだ残ってるぜ」
「え、本当に!?」
http://mel-melt-down.tripod.com/ ほれ。いや、懐かしいな」
「うわ、凄い。なんか格好悪い」
「まだあるぞ。http://melt_down.at.infoseek.co.jp/ ほいな。赤白デザインなのは正月モードのせいだな」
「うわ、見にくい」
「あれだ。もうパスワードとか忘れて消せないんだよ」
「ダメダメですね・・」
「しかし内容が全然変わってない部分もあったりして、結構笑えるな。って俺が笑っちゃダメか」
「歴史を感じますね。そういえば、今年は引っ越しとかありましたね」
「正直、金払ってるレンタルサーバが潰れるとはな。まぁドメインとかも取って引っ越すことになったわけだが」
「引っ越し後はどうでしたか?」
「まずアクセスががくっと減ったな。一ヶ月以上前から告知はしてたんだが。あとなによりGoogleで”タブブラウザ”を検索した時にトップに居たのが、転落したのが悲しかった」
「今はどうでしたっけ?」
「ようやくトップに戻れた。どの程度持つかわからんけど。ページランクも一時は4に落ちたが5に戻ったしな」
「努力の賜物ですね」
「まぁ正直大して労力は使ってないんだけどね」
「あと、重大なニュースと言えば、IE7が出ましたね」
「ついに出たなぁ。おかげでこのサイトのオゾンレーザーが」
「レゾンデートルじゃないですか? 存在意義」
「そうそう、変なメーテルな」
「・・またマニアックなネタを」
「それはともかく、IE7は、まぁ最低限度の機能のタブブラウザってとこかねぇ。マウスジェスチャないし、タブ周りも弱いし。Firefoxなら拡張前提だけど、IE7使う人はそのまま使うだろうし」
「既存のタブブラウザの優位性は揺るがないってとこですか」
「んだな。だが少なくともIE7に対応させないと、ユーザーは減っていくだろうな」
「愛用のunDonutは・・」
「だからそれを言うなと。まぁ『タブブラウザ』ってのが普通になった以上、タブブラウザ推奨委員会って名前もおかしな響きになるわけだが、今更変えるのも面倒だからなにもしないけどね」

記念作品?


「で、今年の五周年記念にはなにをやるんですか?」
「この手のだらだらした漫才でごまかすのが一番楽なんだけどな」
「ディープなネタが多すぎて引かれてますよ」
「うーん。今年のネタはますます人気がなさそうな、めるてぃ童話第二弾なんだが」
「おお、エイプリルフールの時のやつですね。完成したんですか」
「推敲が足りないので、まだまだ添削する必要があるが、とりあえず完成だ」

少年と木の精

「ちなみに、結構長い上に、大して面白くないからな。読書好きな人以外にはお勧めできない」
「まぁ読んでみますよ、折角だし」

反響騒然


「早速だが、『少年と木の精』を読みましたと言う反響が続々と来たぞ!」
「な、なんだってー! いくら何でも早すぎませんか?」
「大丈夫。某ソフトウェアメーカーだって、販売前にユーザーの声がアップされてたって噂だし」
「その噂は当てになんないけどなぁ・・」


「おお、これは大反響ですね」
「っていうか、こいつらの言ってることは一行も書いてねーんだが」
「行間を読んでるんですよ」
「ち、珍しく真面目に書いたってのによ」

結び


「というわけで、今年もお開きの時間が近づいて参りましたが」
「もう終わりか」
「来年度への抱負とかありますか」
「そうだなぁ。最近アクセス数が落ちてるんだよ。一日3000〜4000くらいだ。」
「ああ、アクセス数を増やしたいんですね」
「いや、このまま減っていってくれれば、更新しなくて済むなーと」
「もっと未来志向を持ってくださいよ」
「来年度か、うーん、そろそろPC買い換えてVistaでも使いたいな。IE7への対応なんかもチェックしなくちゃだし。なによりAthlon800じゃきつくなってきた、一部のブラウザが」
「ほほう、一部の」
「言わせるなよ。また敵が増える」
「まぁそんなこんなで」
「また一年頑張るかな。ってか、リニューアルをさっさと終わらせないとな・・」

美術館入り口へ戻る
WebMaster めるてぃ