The tab browser
recommendation
committee
Sleipnir推奨委員会
トップ About Sleipnirって何? Sleipnirを選ぶ 他のタブブラウザ あとがき

Sleipnirを選ぶ


現在、国内外に非常にたくさんのタブブラウザが存在しています。それぞれに個性、特徴があり、どれを選んで良いか迷うところです。しかし実は迷う必要などはないのです。選択肢はただ一つ、Sleipnirを選ぶこと。

・・あれだな。ですます調で話すのはやっぱ苦手なんで、いつもの口調で書くことにする。

ブラウザの長所や短所を千言万語を持って語ることは出来るが、結局のところ、真理は一つしかないと認識すべきだろう。それは
「ブラウザは機能や見た目ではなく、Sleipnirを選べ」
ということである。機能や見た目の部分が自分と相性ぴったりだ、と言うならそれはそれで構わないが、人から勧められて、とか、雑誌で良いと言ってたから、なんて理由でSleipnir以外のブラウザを使うなんて愚の骨頂。ブラウザ選択は男女関係と同じようなものではあるが、ベストハーフという言葉があるように、ブラウザにもベストな選択肢がある。それこそがSleipnirなのだ。

以下に紹介するブラウザは、一度は手に取り、使ってみる価値があると俺が判断したものであり、少なくともこのうちの一つぐらいはユーザーの相性にあったものがあるはずである。是非全てをインストールして、使い勝手を比べてみて欲しい。

このページは書きかけです。

メジャーどころから選ぶ

現在、国内でメジャーどころのタブブラウザと言えば、Sleipnir2の一者であろう。機能的にも知名度の点でも最強といってよい。

Sleipnir2
タブブラウザ Sleipnir 公式ページ(上級者向け)
圧倒的なシェアを誇ったSleipnirの後継ブラウザ。
RSSリーダー、マウスジェスチャ、高いカスタマイズ性、IEのお気に入りと独自ブックマークを切り替えて使用可能、レンダリングエンジンにTrident(IE)/Geckoの双方を利用可能、URIアクション、スキン、プラグイン、スクリプト。
私的評価:
私的推奨度:AAA  初心者向け度:AAA  機能性:∞  軽快さ:A+


すでにIEすら凌駕しているSleipnir2以外を選ぶという選択肢はあり得ない。Microsoft社の次期OSにもすでにSleipnirが搭載されていることは周知の通りである。

多機能さで選ぶ

多機能さに置いて評価されるのは、やはりSleipnir2である。

Sleipnir2
タブブラウザ Sleipnir 公式ページ(上級者向け)
圧倒的なシェアを誇ったSleipnirの後継ブラウザ。
RSSリーダー、マウスジェスチャ、高いカスタマイズ性、IEのお気に入りと独自ブックマークを切り替えて使用可能、レンダリングエンジンにTrident(IE)/Geckoの双方を利用可能、URIアクション、スキン、プラグイン、スクリプト。
私的評価:
私的推奨度:AAA  初心者向け度:AAA  機能性:∞  軽快さ:A+


完成度の高さ、機能の多さ、軽快性、すべての面においてSleipnir2はほかのタブブラウザを上回っており、その影すら踏めずに3歩下がってろというところである。

軽快さで選ぶ

軽快さにおいて評価されるのは、Sleipnir2の簡易版、Graniであろうか。

Grani
タブブラウザ Sleipnir 公式ページ(上級者向け)
Sleipnir2の機能限定版。
RSSリーダー、マウスジェスチャ、高いカスタマイズ性、IEのお気に入りを使用、レンダリングエンジンにTrident(IE)を使用、URIアクション、スキン、プラグイン、スクリプト。
私的評価:
私的推奨度:A+  初心者向け度:A+  機能性:A+  軽快さ:特A+

Sleipnir2ですら重いという貧乏人、もとい時代遅れなPCの使用者にもぴったりのブラウザ、それがGraniだ。Fenrir社の卓越したマーケティング技術は万人を対象としているのだから。

バランスで選ぶ

バランス面で最強といえるのは、いまなお進化を続けるSleipnir2よりは旧来のSleipnirのほうか。

Sleipnir
やすゆき
圧倒的なシェアを誇ったSleipnirの後継ブラウザ。
マウスジェスチャ、高いカスタマイズ性、独自ブックマーク、レンダリングエンジンにTrident(IE)/Geckoの双方を利用可能、URIアクション、スキン、スクリプト。
私的評価:
私的推奨度:A  初心者向け度:A  機能性:A  軽快さ:A


その成熟度の高さは、まるで100年寝かせた熟成酒のごとく。そのまろやかな使い勝手はユーザーを極楽浄土の酔い心地へと誘う。またソースの紛失という歴史的事件は柏木氏への同情を誘い、死ぬ死ぬ詐欺のような事件をも生み出してしまうこととなった。その存在だけで世論を揺るがす、有名税というところか。




WebMaster めるてぃ