Melty's
Sermon room
めるてぃの小部屋

小部屋1 小部屋2 小部屋3 小部屋4 小部屋5 いざ、導入 実践 DonutP編1 DonutP編2 unDonut編 トップページへ戻る

めるてぃの小部屋1



オリジナル

「よう」
「・・・」
「よう!」
「・・・」
「あぁ? ひとが挨拶してんのに、シカトか?」
「ぶ、ブタ!?」
「ただのブタじゃねぇぞ、俺は」
「じゃぁ、なんなんですか?」
「見て判らねーのか?」
「わかりませんです」
「よく見ろ!」

マントを風になびかせる俺絵

「・・・マント?」
「どらぁ!」

剣を抜く俺絵

「・・剣・・?」
「おっしゃぁ!」

豊満な胸を晒す俺絵

「・・?・・胸当て?・・乳バンド?・・・(ということは女、いやメスか、このブタは)」
「どこ見てやがる!」
「え、いや、その」
「ここだ、ここ! おらぁ!」

マントの片隅にめるてぃの文字

「ちゃんと名前が書いてあんだろ! 洞察力の無ぇ輩だな!」
「そんなこと言われも。それって洞察力というレベルじゃ・・」
「言い訳なんざ聞きたかねーな。いいか、俺様がWebマスターのめるてぃ様だ」
「めるてぃ・・?」
「様!」
「めるてぃ様!」
「これからお前みたいな能なしにも判るように、タブブラウザの説明をしてやる」
「わたしは能なしじゃないです」
「言葉で言って判らねー奴は能なしだ。能なしにも判るように図を使ってやるから有り難く思え」
「あ、どうも・・。っていうか・・、その」
「あぁ?図を見ても判らねーとかほざく気かぁ? このムラサキアメフラシが!」
「ち、違いますよ。その、さっきまで結構格調高い雰囲気だったのに、なんていうか、その」
「てめぇ、俺様が下品だとでも言うかぁ、こんのダボハゼ野郎!」
「うわぁ。すいません、ごめんなさい、ごめんなさい。わたし初心者なもので」
「こんのヒョウモンダコ野郎!初心者には免罪符という意味はねぇ!
てめぇに付き合ってると日が暮れちまわあ。ちゃっちゃと行くぞ」
ページトップへ戻る↑

「ご教示お願いします」

WebMaster めるてぃ