■掲示板に戻る■ 検索 全部 1- 101- 201- 最新50
タブブラウザニュース Part12
このスレッドは停止されています。
67 名前:めるてぃ 2011/05/08 07:07 ID:mH4F7FSW
ScriptBrowserK 5.1.6がリリース。

小改善・仕様変更
ゲームなどで全画面表示するアプリケーションを終了した後に ScriptBrowserK のウィンドウサイズが小さくなることがある問題に対応。
[表示]-[ソースの表示]メニューで、file:// 形式でローカルファイルを表示しているときは、表示しているファイルそのものをエディタで開くように変更。
ログインパネルやログインスクリプト用のパスワードの内容を表示する機能を追加。
ScriptBrowserKオプション - セキュリティ - パスワード管理機能ページ - [保存内容を確認する]ボタン
マスターパスワードを忘れた場合に、パスワード情報を全て削除する機能を追加。
ScriptBrowserKオプション - セキュリティ - パスワード管理機能ページ - [保存内容を全て削除]ボタン
ScriptBrowserKオプション - 拡張機能 - パネル - 自動入力ページ - [クレジットカード情報を全て削除]ボタン
ブロック機能、CSS自動切り替え、タブ履歴フィルタでの URL 指定に正規表現を使用できるように改善。

64bit版 Windows 用に[Internet Explorer(32bit版) で開く]を追加。
アイコンの一括登録ファイルの書式でのアイコン番号は、452 です。
Internet Explorer 9 の GPUレンダリングに対応。下記設定項目を追加。
ScriptBrowserKオプション - ブラウザの動作ページ - GPUレンダリングを有効にする
更新チェックパネルの「サイズ」列を、右寄せで表示されるように改善。

バグ修正
全画面表示状態で、下記のボタンを編集しても編集内容が保存されないバグを修正。
・アドレスバーの移動ボタンのメニュー
・アドレスバーのツールボタン
・タブのショートカットメニュー

細かいバグ修正。
スクリプトに関する修正
ScriptBrowserKオブジェクトに下記のメソッドを追加。
・GetUserDefaultUILanguage : 現在のユーザー言語の言語識別子(LANGID)を取得。
・GetCursorPosition : マウスカーソルのスクリーン座標を取得。
・GetElementAtPos : 指定したスクリーン座標上の DOM 要素を取得する。
JavaScript でもScriptBrowserKオブジェクトの TableOfCellText2 メソッドが動作するように修正。

196/200k

- Flash CGI/Mini Thread Version 3.31β -