The tab browser
recommendation
committee
タブブラウザ推奨委員会
主要ブラウザ比較表へ戻る トップページに戻る

Internet Explorer 8

Internet Explorer 8


最新Ver. 8.0.6001.18702 09/03/202
配布元
IE 9 9.0.8080.16413 11/02/10
配布元

IE7の後継にしてMS社謹製タブブラウザ。

長所
・IE7より速くなった
・プライベートブラウズ
・アクセラレータ
・Webスライス
・IE用ツールバー、アドオンの使用

短所
・タブ周りは少機能
・使ってると(自称中級者から)素人と思われる

関連リンク
2ch
IE8 スレッド


IE7があまりに不評だったため、マイクロソフトが急遽送り出してきたIE7の後継者。(XP環境では)不安定で遅いと不評だったIE7が劇的に高速化した。JavaScriptの速度競争ではまだGoogle Chromeなどに後れを取っているが、実用では速度差は感じないレベルには追いついた。

IE7のタブのサムネイル表示、ポップアップブロック、検索バーなどに加え、InPrivateブラウズ、タブグループ、アクセラレータ、Webスライスなどが追加された。フィッシング対策もSmartScreenに強化、検索バーも検索候補や画像付き検索などに強化された。

InPrivateブラウズはキャッシュ、クッキー、履歴などを残さないでブラウズできる。エロ専用。アクセラレータは選択語を検索エンジンや辞書などに送り、送り先によってはそのままポップアップで情報が見られる。スーパーD&Dに慣れていると別にいらない気がする。

タブから開いたページはそのタブと自動的にグループ化され色分けされる、グループは一度に閉じたり出来る。WebスライスはRSSをページの一部分にだけ特定させたような機能。オークションや商品価格などのページの一部分を登録して、更新の有無を確認できる。

シンプルかつ使いやすい新機能の追加は一般人向けのブラウザとしての王道的な進化といえ、かなり評価できる。機能的にはまだまだFirefoxには遠く及ばないとは言え、一般人向けとして考えれば十分なブラウザだろう。またTridentエンジンの更新により、CSS対応の強化やJavaScriptの高速化、なにより全体的な処理速度が向上している。そのためIEコンポーネントを使っているタブブラウザ全てに恩恵がある。

IE7と比べてブラウザとしての機能が大きく向上したがタブ周りはまだまだ弱いので、素のIE8よりはコンポーネントブラウザを使うことをお勧めする。

IE9はIE8をさらに進化させたもので、Javascriptの実行速度はすでに他の先行ブラウザと同レベル。もはやIE8に存在意義は無い・・と言いたいところだが、IE9はVista以降にのみ対応で、今なお大きなシェアを持つWindowsXPでは動かない。XPユーザーはIE8を使い続けるしかないわけで・・。

ページトップへ戻る↑