The tab browser
recommendation
committee
タブブラウザ推奨委員会
主要ブラウザ比較表へ戻る トップページに戻る

Microsoft Edge


Kinza

最新OSの標準ブラウザにして最低のシェアを誇る稀有なブラウザ


最新Ver. 38.14393.0.0 16/10/13
配布元

長所
・特になし

短所
・圧倒的な機能不足

関連リンク
2ch Edge スレッド


MicrosoftがWindows10と同時に送り込んできた、IEの後継たる最新鋭ブラウザ。ユニバーサル Windows プラットフォーム(UWP)アプリ、デスクトップ版のWindows10でもモバイル版のWindows10でも同じアプリが動く。もっとも互換性も重視してWindows10にはIEも残っているが。

マルチプラットフォームなので、タブレットなどでのタッチ操作を想定して操作が簡単になっている。反面、細かい挙動が一切設定できない。インターネットオプションのような詳細な設定もない。

描画速度、HTML5への対応などが強化されている。逆にHTML5に準拠しないActiveXやSilverlightなどは削除された。ページにメモ書きをして保存する機能もある。拡張機能がサポートされ、マウスジェスチャや広告ブロックなどが追加可能。とはいえ数は非常に少ない。

機能も少なく、操作性も悪く、拡張も少なく、UWPアプリなので既存のOSネイティブアプリとの連携もすこぶる悪く(古いIMEが動かん)、正直言って褒めるところが無いブラウザ。拡張機能はストア経由でしかいれられないが、Edgeからストアの拡張機能を見ても14種類の拡張機能しかないんだが・・。

と、文句を言っても仕方がない面もある。マウス+大画面を使用しているユーザーより、タッチ操作+小画面のユーザー、すなわちモバイルユーザーのほうが多くなったのだから、アプリもそれに合わせて作り変えるのは企業としては当然であろう。音声アシスタントの魂斗羅じゃなくてコルタナ、音声読み上げ、WEBページにメモを書き込んでそれをクラウドに保存などはすべてモバイルユーザーのための機能と言っていい。

ページトップへ戻る↑